Saturday, 12 October 2013

非常事態発生!



10月だというのに、今週は暑くて大変だった。
ダディとマミーがいるときは、エアコンが入っていて、問題ないのだが、二人が出かけてしまうと、エアコンなしの閉めきった家でボクは本当に大変なのだ。

その上、今週は今までに経験したことのない非常事態に見舞われた。
マミーが朝、出かけ、その1、2時間後にダディも出かけた。ボクはトイレに行きたくなり、トイレに入ろうとしたのだけれど…、何とドアが閉まっているのだ。そ・そ・そ・そんな! どうしたらいいのだろうかと、うろたえてしまった。きっと不注意なダディがうっかり閉めてしまったのだろう。
しかしボクは我慢の限界に達した。床の上にしてしまったら、大変なことになる、と気をきかせ、階下におりて、マットの上にすることにした。

……四方をひっぱり、かぶせ、臭い物をなんとかカバーした。

マミーが午後帰って来て、発見! 驚きふためいていた。後始末、洗濯に手間をとられていたが、
「マミー、ごめんなさい。これがボクにできる最善の手段だったんだ」
と、ニャンと鳴いた。

その後、マミーは二階に上がり、トイレのドアが閉まっていることを知る。
ボクの不可解な行動を理解した。

夜、ダディが帰宅したらどうなることやら、と、いささか心配な夕べだった。


Saturday, 5 October 2013

ふくらむ、ふくらむ、ボクのシッポが



あいつがまた来た。シッポが極端に短い、テールランプだ。

最近はあいつしか来なくなった。自分の縄張りだと思っているのだろうか。とんでもない勘違いだ。ここはボクの庭だぞ −−−− ボクはまだ一度も足を踏み入れたことのない禁断のなのだが。ボクはあいつを窓越しに怒鳴るばかりだ。

この間なんか、図々しく陣取っていた。ボクは閉まっている網戸をぶち破る勢いで激怒。下の留めた金具がはずれ、隙間を広げているところを、運悪くダディに見つかってしまった。ああ、オシかった!

こりずに今日もまた、あいつは素知らぬ振りしてやってきた。
今日は雨模様、右へ行っても左へ行っても、窓も網戸もしまったままだ。
どうすりゃいいいんだ!

「ピノ、シッポがずんずんふくらんでるよ」
と、ダディの声が遠くに聞こえる。

Saturday, 28 September 2013

柿第一号、あまいのかな?



柿第一号、あまいのかな?
今年も柿が色づきはじめ、今日ダディが第一号をもぎとった。
かなり熟しているので、何だか甘そうにみえるけれど…
危ない、危ない。誘惑に負けてかぶりつき、渋かったら、大惨事になるぞ。

う〜ん、今日のところは慎重に。完熟するまで我慢かな? いずれ折をみて…。

Monday, 23 September 2013

お彼岸



「ただいま〜、ピノ」
連休の最終日、お彼岸なので、マミーの姉、妹、その姉の息子夫婦とその子供二人、計6人がやってき家から徒歩5分ほどの所にあるお寺に、総計8人皆でお墓参りに行、今帰って来たのだ。

「お墓参りがあんなに込んでいたなんてびっくり。やっぱり休日はすごいわね」とマミーが言っている。そりゃそうだろう。我が家だけでも8人だ。各家が最低でも2、3人で、5、6人の家族もいるのだろうから、休日のお昼前のお寺の混雑振りは、容易に想像ができる。

二人の小さな子がボクを怖がっている様子だが、二人の叫び声と泣き声にこっちが逃げだしたい心境だ。

朝、近所のお花屋さんで買って来た供花がテーブルの上に置いてあったが、お墓参りのためだったようだ。

夕方には、入れ替わりに、友達が二人来て、終日終夜賑やかな一日だった。
じゃ、そろそろ寝ようかな。

Saturday, 14 September 2013

Herbs from the garden



何か異様な臭いがするゾ!

ダディが庭からバジルをとって来てキッチンに置いた。何に使うのかと思っていたら、スパゲティのバジルソースを作るようだ。
しかし、我が家にはまだブレンダーがないので、細かくきざんで、すり鉢で地道にすり潰すらしい。

ああ、ますます悪臭が鼻をさす。ボクはもう我慢できず、前足でトイレの砂かけポーズを何回もしてみた。でもやっぱり臭いは消えない。

さあ、でき上がり!
「う〜ん、やっぱりおいしいね」と言いながら食べてい

食べ終わってから、マミーが叫んだ。
「あっ、にんにく、入れ忘れた!」

「あっ、ホントだ。何かひと味足りないと思ったんだ」
「でもまあ、おいしかったね」

この上、にんにくまできざまれたら、どうなったことか。忘れてくれて良かった。にんにく抜きでも十分おいしかったでしょう、とにっこりするボクである。

Saturday, 7 September 2013

孫悟空の煙突掃除



「東京ストーブ」のお兄さんが二人やってきた。巨大掃除機が運び込まれ、ボクは階段のトップにすぐさま逃げた。

しかし、興味津々、おっかなびっくり、下を見下ろすと、どうやら薪ストーブの掃除が始まるようだ。お兄さんが一人しかいないなあと思った瞬間、「ビューンゴーゴー…」と凄まじい音がして、ボクは慌てて二階のベッドの下に逃げ込んだ。

しばらくして、何だか外が気になり、窓から上を見上げると、何ともう一人のお兄さんが棒を持って煙突の天辺にいた。ボクはふっと思った。孫悟空がキント雲に乗って我が家にやってきて、煙突にピョンと飛び降り、にょい棒で煙突掃除しているみたいだなあと。

そろそろ終わりのようなので、ボクは忍び足で階段を下りていった。
「最近の煙突掃除はススや埃がでないんですね」
と言って、マミーが二人に麦茶を差し出す。
高い所も何のその、勇敢な孫悟空のお兄さんは、煙突掃除したとは思えぬほど爽やに、軍手をはずして冷たいお茶をゴクンと一口、それからボクの頭を優しく撫でた。

悟空は一年に一回やってくるのかなあ? 悟空のおでこが汗で光っていた。

Saturday, 31 August 2013

残暑に間に合った!


「ドサッ!」とダディが20mもの反物を置いた。「シュッシュッ!」とマミーがそれを広げ、麻の大波が次々に押し寄せる。ボクはすかさず波乗りをして遊んでいたのだけれど、やっぱり追い払われてしまった。いよいよカーテン作りが始まるのだ。この大きな窓辺に2mの長い麻のベールが美しくたれるのだろう。

マミーの書斎は麻の海に浮かぶ縫製工場と化した。針が落ちている可能性があるので、何時間もボクは立入禁止となってしまった。ここにもボクのベッドがあるのだけれど、仕方がない。

「ああ、残暑に間に合った! これでやっと柔らかな優しい日差しになるわ」と、二階の庭に面した窓にもカーテンを作って、マミーは喜んでいる。

しかしながら、これはボクにとって、大問題なのです。なぜかって?
外が見えなくなってしまったのですから。